NCB Seminar

NCB Lab.では、キャッシュレスやフィンテック、ニューペイメントなど、さまざまなテーマでセミナーを実施。
セミナー開催回数は600回を超えました。カスタマイズのセミナーも企画します。
*定例セミナー(月次)*公開セミナー(年10回)*新入社員や経営者向けワークショップ(適宜)*海外視察(適宜)

  • 融資最新トレンド

第349回定例セミナー 15:00~17:00

10/23(火)第349回定例セミナー 15:00~17:00

世界のオルタナティブ融資の最新トレンド -日本で通用するのかしないのか-

NCB Lab. 代表
佐藤 元則

お申し込みはこちら

1. フィンテック投資の実態
 - 過去5年間のフィンテック投資総額
 - フィンテック投資が集まるセクター
 - なぜ融資セクターは人気なのか

2. 南北アメリカのオルタナティブ金融市場
- オルタナティブ金融のビジネスモデル
 - オルタナティブ金融の市場規模
 - 伸びるモデルと縮小するモデル

3. 米国の個人融資市場とオルタナティブ融資規模
 - 米国個人融資市場の変遷
 - 新規融資と残高
 - 個人向けオルタナティブ融資事例

4. スモールビジネス向けオルタナティブ融資の実態
 - スモールビジネスの経済的パワー
 - スモールビジネスのニーズ
 - スモールビジネス向けオルタナティブ融資事例

5. オルタナティブ融資成功の鍵
 - 6つの鍵
 - テクノロジー要件

世界のフィンテック投資で最も資金を集めているセクターは、オルタナティブ融資です。
融資セクターへ投資が集まるのは、マネタイズが容易で、リターンが大きいからです。
2014年、レンディングクラブが株式公開して以来、一気に注目を集めるようになったオルタナティブ融資(レンディング)。
オルタナティブには、これまでの銀行サービスにはなかった、
あるいは、銀行サービスを代替するという意味が込められています。
少なくとも5種類はあるといわれていますが、どんなビジネスモデルがあるのでしょう。
その市場規模はどれだけに育っているのでしょうか。
米英のオルタナティブレンディングの最新トレンドを解説しながら、日本で通用するのかどうかを一緒に考えてみたいと思います。ふるってご参加ください。

NCB Lab. 代表
佐藤 元則

NCB Lab. 代表  佐藤 元則
<経歴>
1952年生まれ。関西学院大学卒。1989年にカード・決済の専門コンサルティング会社である株式会社アイエスアイを創設。1997年より日本カードビジネス研究会(現NCB Lab.)代表に就任し、カード・決済の普及と発展をめざす。
『電子マネーウォーズ』『新クレジットビジネス』『デジタルワードパワー』『カード・クレジット用語辞典』『ニューペイメントレポート』『フィンテックレポート』など著書多数。講師やモデレーターとしても活躍中

受講料

おひとり:23,000円+(消費税)
※3名様以降はおひとり:17,000円+(消費税)

【NCB正会員】 2名様まで無料ご招待!
※3名様以降はおひとり:9,500円+(消費税)

【NCB準会員】 2名様年1回、または1名様年2回まで無料ご招待! ※その他通常料金

NCB会員様はセミナー受講料割引!その他特典も!!

会場

東京都千代田区平河町2-4-3
ホテルルポール麹町(麹町会館)
3階 アメジスト

(TEL:03-3265-5365)