NCB Seminar

NCB Lab.では、キャッシュレスやフィンテック、ニューペイメントなど、さまざまなテーマでセミナーを実施。
セミナー開催回数は600回を超えました。カスタマイズのセミナーも企画します。
*定例セミナー(月次)*公開セミナー(年10回)*新入社員や経営者向けワークショップ(適宜)*海外視察(適宜)

第282回公開セミナー 15:00~17:00

09/27(木)第282回公開セミナー 15:00~17:00

「銀行よ、もっと働け!」で動き出した金融イノベーション
-欧州オープンバンキングの波が日本にもやってくる?!-

NCB Lab. 代表
佐藤 元則

お申し込みはこちら

-講演アジェンダ-


1. オープンバンキング誕生の背景
 英国のオープンバンキング
 欧州のPSD2
 なぜオープンにしたのか

2. オープンバンキングで何が変わる
 よろこぶ利用者
 銀行の衝撃
 サードパーティのチャンス

3. 革新的サービス事例
 すべての銀行に簡単接続 Openwrks
 年間節約10万円を可能にする Emma
 モバイル特化のバンキングサービス Starling Bank

4. オープンバンキングの衝撃
 PSD2とSEPA Inst.でカードブランド消滅か
 生き残れるのはだれ
 どうなる日本の決済・バンキングサービス

2018年1月13日、英国と欧州でオープンバンキングがスタートしました。その目的は、消費者やスモールビジネスへの金融サービスをもっと便利にすること。規制当局は既存銀行に対し、これまで独占していた口座情報をサードパーティに開放するよう求めたのです。
これを受け、欧州では猛烈なスピードで新しい金融サービスが次々に生まれています。ひょっとすると既存決済や金融サービスは崩壊するかもしれません。このムーブメントは英国や欧州から全世界に広がり、日本にも間違いなくやってきます。
NCB Lab.代表の佐籐が、オープンバンキング誕生の背景とその影響、これをチャンスにした革新的な金融サービスについてわかりやすく解説します。

NCB Lab. 代表
佐藤 元則

NCB Lab. 代表  佐藤 元則
<経歴>
1952年生まれ。関西学院大学卒。1989年にカード・決済の専門コンサルティング会社である株式会社アイエスアイを創設。1997年より日本カードビジネス研究会(現NCB Lab.)代表に就任し、カード・決済の普及と発展をめざす。
『電子マネーウォーズ』『新クレジットビジネス』『デジタルワードパワー』『カード・クレジット用語辞典』『ニューペイメントレポート』『フィンテックレポート』など著書多数。講師やモデレーターとしても活躍中

受講料

おひとり:27,000円+(消費税)
※3名様以降はおひとり:19,000円+(消費税)

【NCB正会員】 2名様まで14,000円+(消費税)
※3名様以降はおひとり:9,500円+(消費税)

【NCB準会員】 2名様年1回、または1名様年2回まで14,000円+(消費税) ※その他通常料金

会場

東京都千代田区平河町2-4-3
ホテルルポール麹町(麹町会館)
3階 アメジスト

(TEL:03-3265-5365)